プログラミング教室が作った教材​

プログラミングを学びたい小学生、小学生にプログラミングを教えたい全ての人に

For Kids

一人で学べる「スクラッチ(scratch)」

こどもプログラミング教室直伝!

プログラミングの基礎知識を「しっかり」「わかりやすく」解説!

For Kids

こどもプログラミング教室直伝!

一人で学べる 「スクラッチ(scratch)」

プログラミングの基礎知識を

「しっかり」「わかりやすく」解説!
プログラミングで身に着くチカラとは
  • 問題解決能力Up
  • 論理的思考力Up
  • 情報収集判断力Up
  • コンピュータリテラシーUp
  • Grit力Up
ICT、テクノロジーの進歩によって、いっそう複雑化する社会で、これから求められる力は、複雑な問題に立ち向かう方策を自ら考え、実際に試し、不具合があれば何度でもやり直しつつ問題を解決する能力が求められます。 プログラミグ学習には、技術だけではなく、これらのエッセンスが凝縮されています。 プログラミング学習は、これからの社会を生き抜く力を養うには最適なのです。
オンラインプログラミングスクールのメリット
240_F_168680068_HeTvDNrkJGJqyShlEIzbxWuLBOoZQkkY

自ら学べる!

レクチャー動画だから何度も観ることができます。お子様の理解に合わせて、学習を進めることが可能です。また、チャレンジ問題など、理解度を確認する問題もありますので、わからないまま進むことはありません。

51

他の習い事と両立できる!

いつでも好きな時間に学べるレクチャー動画だから空いた時間に、プログラミングの知識が学べます!
送り迎えが大変!という保護者さまも自宅で学べるからお気軽に導入いただけます。

240_F_168680068_HeTvDNrkJGJqyShlEIzbxWuLBOoZQkkY

初心者でも安心!

初めてプログラミングに触れるお子さんを前提にカリキュラムを作っていますので、初めてでも安心です。プログラミング学習に必要な要素を初級~上級までもれなくしっかり学ぶことができます。

2017-10-17 13-47-16

丁寧に解説したレクチャー動画

レクチャー動画だから何度も観ることができます。お子様の理解に合わせて、学習を進めることが可能です。また、チャレンジ問題など、理解度を確認する問題もありますので、わからないまま進むことはありません。

2018-02-16 0-52-21

チャットで質問が無料!
<コース修了まで>

オンラインだと質問できないし、わからないことがあるとき、そのままにしてしまうのではないかと心配ではないですか?私たちが、「わからない…」にしっかり答えます!

DSC01097

オンライン個別ビデオ通話
<30分プレゼント>

WEBカメラとマイクを接続できるパソコンをお持ちの方は、実際に先生と
会話しながら質問をしてみましょう。

公式ページ限定》
豪華なオリジナルパッケージです!

【Master】しっかりマスター習得コース プログラミング 小学生

\\ まずはこちらの動画をご覧ください //

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」前編(1/3)

プログラミングを始めてみたいお子さんだけでも受講できるように、 プログラミングの基礎知識を「しっかり」「わかりやすく」解説しています。

 命令ブロックの意味をきちんと理解し、一緒に「応用できる力」を身につけていきましょう!

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」

前編(1/3)

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」

中編(2/3)

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」

後編(3/3)

スクラッチマスター(前編)
スクラッチマスター(前編)
(1)アニメーションを作ろう

コスチュームを使って、アニメーションをプログラミングする方法を学びます。

(2)思い通りに動かそう(動き①)

ステージの上でスプライトを自由に移動/配置する方法、座標の考え方を学びます。

(3)らんすうってなんだろう(乱数)?

乱数(一意的でない)、ランダムな数字を生成し、その利用方法を学びます。

(4)思い通りに動かそう(動き②)

スプライトの向きをあやつり、ステージ上にスプライトを任意に移動/配置する方法を学びます。

(5)イベントってなんだろう?①

プログラム実行起点であるイベント(きっかけ)の種類、使い方について学びます。

(6)おとをあやつろう!

音ファイル(mp3,wav)をプログラム中で再生/制御する方法を学びます。

(7)見ためを変えてみよう!(画像効果)

画像効果の命令ブロックを使ってスプライトの見た目を変更する方法を学びます。

スクラッチマスター(中編)
スクラッチマスター(中編)
(8)メッセージって何だろう?

メッセージ処理、ブロードキャストについて学びます。

(9)条件分岐(じょうけんぶんき)、「もし~だったら」?

条件分岐(じょうけんぶんき)は、すべてのプログラミング言語(げんご)において必ず使います。がんばりましょう!

(10)変数(へんすう)ってなんだろう?(変数①

変数(へんすう)の基礎(きそ)を学びましょう。

(11)演算(えんざん)ブロックを使いこなせ!(演算①)

スクラッチには、演算というコンピュータでさまざまな計算処理をしてくれる便利なブロックがあります。 今回は、演算を学習しましょう。

(12)変数(へんすう)ってなんだろう?(変数②)

変数①では、スクラッチに用意されているいろいろな変数(へんすう)ブロックについて学びました。

実はこの変数ブロック、自分で作る事ができます。
今回は、実際(じっさい)に変数ブロックを作って、どんな時に使うのか、どのように便利(べんり)なのかを学びましょう。

(13) 演算(えんざん)ブロックを使いこなせ!(演算②)

ここでは、今まで学習した[条件分岐](じょうけんぶんき)、[変数](へんすう)、[演算](えんざん)全てのまとめになりますのでしっかりと学習しましょう。

スクラッチマスター(後編)
スクラッチマスター(後編)
(14)ScratchでARプログラミング ビデオモーション

イベント①に含まれない、イベント処理について学びます。

(15) リストってなんだろう?(配列)

配列の考え方、利用方法について学びます。

(16) ブロックを作ってみよう!(関数)

関数の考え方、利用方法について学びます。

(17) プログラムで絵を描いちゃおう!(ペン)

ペン描画機能を使った、プログラム処理による描画処理を学びます。

(18)分身の術だ! クローンを使ってみよう

クローン機能について、考え方、利用方法について学びます。

スクラッチマスター(前編)

前編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」前編(1/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(中編)

中編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」中編(2/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(後編)

後編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」後編(3/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

* 以下のボタンはUdemyで受講するためのシステム要件をご確認いただけます。受講でお使いになるデバイスやインターネット回線などを予め十分にご確認ください。

しっかり習得2つのポイント!

① オリジナルカリキュラムでプログラミングの基礎をしっかり理解!

ビジュアルプログラミング「スクラッチ」から様々なテキストプログラミング言語に対応できるよう考え抜かれたオリジナル教材でプログラミングの基礎をもれなくしっかり学習していくことができます。

② 「わからない…」にしっかり答えます!

プログラミング学習の教材は多くありますが、わからないことがあるとき、そのままにしてしまうお子さんはいませんか?私たちは実際に教室でお子さんを指導しておりますので、わかりやすくコース修了までしっかりサポートいたします 。

オンラインで学ばせた保護者様の声
プログラミングを学ぶことは、これからの複雑化していく社会の中では、必須ともいえるスキルだと考えています。
保護者Tさん
プログラミングとは無縁でしたが、2020年には必修化されることになり、何を準備したらよいかわからずにいましたがこれで安心。
保護者様
将来プログラマーになってもならなくてもよい。問題が起こったときに対応できるスキルを身につけてほしい。
保護者Kさん
【Master】しっかりマスター習得コース プログラミング 小学生
スクラッチマスター(前編)

前編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」前編(1/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(中編)

中編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」中編(2/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(後編)

後編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」後編(3/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

その他のオプション

《お願い》 受講には、以下のサービスの無料アカウント登録をお願いしております。予めご了承ください。 ・レクチャー動画の視聴・・・ベネッセコーポレーションが運営する「Udemy」
・オンラインビデオ通話・・・Web会議システム「Zoom」

* 以下のボタンはUdemyで受講するためのシステム要件をご確認いただけます。受講でお使いになるデバイスやインターネット回線などを予め十分にご確認ください。

【準備するもの】

インターネットに接続されたパソコンのみ​

OS・メーカーは問いませんが、インターネットを利用して動画の視聴やプログラミングを行いますので必ずインターネットを接続したパソコンを使用してください。

ご確認いただきたいこと
・スクラッチのウェブサイトを閲覧できるか
・「作る」をクリックし、命令ブロックを動かすことができるか。
下記のボタンリンクより、ご確認をお願いします

【あると便利なもの】

  • タブレットまたはスマートフォン
  • メールアドレス

タブレットは、動画を見ながらパソコンでプログラミングをすることができるので便利です。質問の回答時や、ビデオ通話が途切れてしまったときにメールでご連絡させて頂く場合がございます。

講師育成コース

オンラインスクールで
学べること

対象3年生~(タイピングができれば小3以下でも可能です)

しっかり習得コース

ゲームの作り方を真似して完成したとしても、プログラミングの知識がなければ、それ以上の作品を作っていくことが出来ません。

しっかり習得コースでは、
テキストプログラミングにも応用できるプログラミングの基礎知識が学べるコースです。

初めてプログラミングをする方から
自己流で勉強した「かなりの達人」まで

ゲームクリエイター
コース

今スグ、ゲームを作ってみたいお子さんや、実際に続けられるかやってみたい方に向いています。

ゲームはそれぞれ、難易度が3段階に別れていますので初心者~上級者まで楽しく学習出来ます。

 

\ \只今先行予約受け付け中//お得なクーポン付きのご案内を差し上げます。

リテラシー
パック

情報化社会の現代で生き抜く力とは、パソコンが操作できるだけではありません。

コンピューター用語はもちろん、
授業内で教えることができなかったデジタル領域でのモラルについても
学習していきます。

\\只今先行予約受け付け中//
お得なクーポン付きのご案内を差し上げます。 

スクラッチマスター(前編)

前編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」前編(1/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(中編)

中編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」中編(2/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(後編)

後編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」後編(3/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

その他のオプション

《お願い》 受講には、以下のサービスの無料アカウント登録をお願いしております。予めご了承ください。 ・レクチャー動画の視聴・・・ベネッセコーポレーションが運営する「Udemy」
・オンラインビデオ通話・・・Web会議システム「Zoom」

* 以下のボタンはUdemyで受講するためのシステム要件をご確認いただけます。受講でお使いになるデバイスやインターネット回線などを予め十分にご確認ください。

・インターネットに接続されたパソコンのみ

OS・メーカーは問いませんが、インターネットを利用して動画の視聴やプログラミングを行いますので必ずインターネットを接続したパソコンを使用してください。

ご確認いただきたいこと
・スクラッチのウェブサイトを閲覧できるか
・「作る」をクリックし、命令ブロックを動かすことができるか。
下記のボタンリンクより、ご確認をお願いします

あると便利なもの

  • タブレットまたはスマートフォン
  • メールアドレス

タブレットは、動画を見ながらパソコンでプログラミングをすることができるので便利です。質問の回答時や、ビデオ通話が途切れてしまったときにメールでご連絡させて頂く場合がございます。

オンラインスクールで使用するプログラミング言語とは

Scratchは150以上の国で使用されており、40カ国語以上に翻訳されています。

❶ 小学生でも簡単プログラミングができるビジュアルプログラミング用ソフトです。

❷ 自由にインタラクティブストーリーやゲーム、アニメーションを作ることができます。さらに、できあがった作品はオンラインコミュニティで他の人と共有できます。

❸ Scratchはアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテンというグループが作られ、無償で提供されています。

スクラッチで作られた作品例

ビジュアルプログラミング言語「Scrach」では、ゲーム、アニメーション、アート、音楽、アニメーションなど自分の世界を表現することができます!

スクラッチマスター(前編)
【Master】しっかりマスター習得コース プログラミング 小学生

①アニメーションを作ろう

スクラッチは、ゲームを作るだけではありません。 コスチュームという機能を使えば、アニメーション作品を作る事ができます。  アニメーションをプログラミングする方法を学習し、オリジナルのアニメーション作品を作って行きましょう。

コスチュームについて学びましょう

このレクチャーでは、アニメーションを作るときや、ゲーム内で動くキャラクターを作る時、背景(はいけい)を描(えが)くときに必要(ひつよう)になる技術(じぎゅつ)を習得(しゅうとく)します。

ペイントツールを使ってみよう!

1.ペイントツールを使ってみよう!

⇒ペイントツールを使い方を説明(せつめい)しています。

ペイントツールを理解(りかい)すれば、オリジナルのキャラクターや、背景(はいけい)を作ることが出来(でき)ます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

2.「やってみよう①:しゃくとりむし」

⇒動く尺取り虫(しゃくとりむし)のアニメーションを一緒(いっしょ)に作って行きましょう。

3.「チャレンジ①:ダンスアニメーション」

⇒子ども達が、楽しくダンスしているようなアニメーション作品(さくひん)を作ってみましょう。

.

「こたえ:ダンスアニメーション」
まとめ

②思い通りにうごかそう(動き①)

ステージの上のスプライトを自由に動かすことが出来たら色々な作品が作れます。 今回は、座標という考え方を使って学習します。

コスチュームについて学びましょう

このレクチャーでは、アニメーションを作るときや、ゲーム内で動くキャラクターを作る時、背景(はいけい)を描(えが)くときに必要(ひつよう)になる技術(じぎゅつ)を習得(しゅうとく)します。

X(エックス)ざひょうについて学びましょう、「チャレンジ①:Xざきょうを使って、ねこをいどうさせよう」

ステージの上でスプライトを自由に移動/配置(いどう/はいち)する方法、座標(ざひょう)の考え方を学びます。


横(よこ)に移動(いどう)するために、X(エックス)ざひょうの理解(りかい)が、必要(ひつよう)です。

このレクチャーでは、X(エックス)ざひょうについて学びます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ①:Xざきょうを使って、ねこをいどうさせよう」

「こたえ:チャレンジ①」
Y(ワイ)ざひょうについて学びましょう、「チャレンジ②:Yざひょうをつかってねこをいどうさせよう」

縦(たて)に移動(いどう)するために、Y(ワイ)ざひょうの理解(りかい)が、必要(ひつよう)です。

このレクチャーでは、Y(ワイ)ざひょうについて学びます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ②:Yざひょうをつかってねこをいどうさせよう」

「こたえ:チャレンジ②」
ねこをこの「ばしょ」に動かすには?

「チャレンジ③:ねこを矢じるしのばしょにいどうさせるには?」

「こたえ:チャレンジ③」
しゅんかんいどうしないようにしてみよう

■学習するブロック

「Xざひょう~をずつかえる」

「Yざひょうを~ずつかえる」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ④:ジャンプさせてみよう」

⇒スプライトをジャンプサせることが出来れば、作品(さくひん)づくりに役に立ちます。

「こたえ:チャレンジ④」
「チャレンジ⑤:どののブロックが正解かな?」
「こたえ:チャレンジ⑤」
まとめ

③らんすうってなんだろう(乱数)?

このセクションの最後に受講生は何ができるようになりますか?ランダムな数字(すうじ)を生成(せいせい)し、その利用方法(りようほうほう)を学びます。

らんすうについて学びましょう

らんすうと聞くと、難(むずか)しそうに聞こえてしまいますが、

理解(りかい)してしまえば簡単(かんたん)です。

皆さんも、遊(あそ)んだことのある、ゲームなどを例にあげて説明(せつめい)していきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「やってみよう:1から10までのらんすうを言うには?」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ①:ステージのいろいろなばしょにあらわれるには?」

「こたえ:チャレンジ①」
まとめ

④思い通りにうごかそう(動き②)

ステージ上にスプライト を任意(にんい)に移動/配置(いどう/はいち)する方法(ほうほう)を学びます。

向きについて学びましょう

「うごき①」では、X座標(ざひょう)とY座標(ざひょう)を使って、スプライトをステージの上で動(うご)かす方法(ほうほう)を学習(がくしゅう)しましたね。 


今回(こんかい)は、「向き(むき)」について学習(がくしゅう)しましょう。


「向き(むき)」とは、スプライトを好きな方向(ほうこう)に向ける命令(めいれい)です。 そして、X座標(ざひょう)、Y座標(ざひょう)ブロックを使わなくても、ステージ上を動(うご)かす事(こと)ができるのです。 

----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ①:ねこを回転(かいてん)させるには?」

「こたえ:チャレンジ①」、「チャレンジ②:10度ずつ回して一回転させるには?」

「こたえ:チャレンジ①」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ②:10度(ど)ずつ回して一回転(いっかいてん)させるには?」

「こたえ:チャレンジ②」、大回りさせるには?

回転(かいてん)することができたら

今度(こんど)は、回転(かいてん)のおおきさを変えて何歩(なんほ)で画面(がめん)っぱいにねこが回る

ようになるかやってみましょう。

「10歩うごかす」と「Xざひょうを10ずつかえる」のちがいを学びましょう

「10歩うごかす」と「Xざひょうを10ずつかえる」のちがいについてを学びましょう。

⇒一見(いっけん)同じ動きをするブロックですが、実はちがいます。

このレクチャーでしっかり理解(りかい)していきましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ③:ねこをはねかえるようにするには?

「こたえ:チャレンジ③」、「チャレンジ④:はしについてもはねかえらない。どうしてかな?」

「こたえ:チャレンジ③」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ④:はしについてもはねかえらない。どうしてかな?」

⇒「はしについたらはねかえる」ブロックを入れたのに、はねかえってくれない!?

「こたえ:チャレンジ④」、かいてんのほうこうについて学びましょう、「チャレンジ⑤:かべ打ちボールをつくってみよう」

「こたえ:チャレンジ④」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

かいてんのほうこうについて学びましょう

⇒回転(かいてん)の種類(しゅるい)ついて学びます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ⑤:かべ打ちボールをつくってみよう」

⇒今まで学習(がくしゅう)した内容(ないよう)をいかして、作品(さくひん)に変身(へんしん)させましょう。

「やってみよう①:ねこがボールを追いかけているようにするには?」、「むける」と「いく」について学びます

「やってみよう①:ねこがボールを追いかけているようにするには?」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「むける」と「いく」について学びます

⇒「◯◯へむける」、「◯◯にいく」ブロックの動きに違いについて学習(がくしゅう)します

まとめ

⑤イベントってなんだろう?①

プログラム実行起点(じっこうきてん)であるイベント(きっかけ)の種類(しゅるい)、使い方について学びます。

イベントについて学びましょう、「チャレンジ①:ねこにセリフを言わせるには?

スクラッチには、様々(さまざま)なイベントがあります。

このレクチャーで、イベントについてしっかり理解(りかい)し、オリジナル作品(さくひん)づくりに役立(やくだ)てましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ①:ねこにセリフを言わせるには?

「こたえ:チャレンジ②」

「こたえ:チャレンジ①」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ②:10度(ど)ずつ回して一回転(いっかいてん)させるには?」

◯◯キーが押されたとき、ブロックについて学びます、「チャレンジ②:ラジコンのようにうごかすには?」

◯◯キーが押されたとき、ブロックについて学びます

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ②:ラジコンのようにうごかすには?」

⇒矢印(やじるし)キーをつかって、スプライトを操作(そうさ)できるようにしましょう!

「こたえ:チャレンジ②」
「このスプライトがクリックされたとき」について学びましょう、「チャレンジ③:もぐらたたきのようなゲームを作るには?」

「このスプライトがクリックされたとき」について学びましょう

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ③:もぐらたたきのようなゲームを作るには?」

⇒このレクチャーで、もぐらたたきのようなゲームを作っていきましょう!

「こたえ:チャレンジ③」
「背景が◯◯になったとき」について学びましょう、「チャレンジ④:はいけいが変わったらセリフを言わせよう」

「背景が◯◯になったとき」について学びましょう

⇒背景(はいけい)が切り替わったときに、実行(じっこう)するプログラムの作り方を学習(がくしゅう)します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ④:はいけいが変わったらセリフを言わせよう」

「こたえ:チャレンジ④」
まとめ

⑥おとをあやつろう!

プログラム実行起点(じっこうきてん)であるイベント(きっかけ)の種類(しゅるい)、使い方について学びます。音ファイル(mp3,wav)をプログラム中で再生/制御(さいせい/せいぎょ)する方法(ほうほう)を学びます。

音(おと)ブロックの使い方について学びましょう、「◯◯のおとをならす」と「おわるまで◯◯のおとをならす」のちがいとは?、「チャレンジ①:クリックして音をならす」

音(おと)ブロックの使い方について学びましょう

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「◯◯のおとをならす」と「おわるまで◯◯のおとをならす」のちがいとは?

⇒似たブロックですが、使い方を間違(まちが)えると音がならなくなります。

意味(いみ)の、違(ちが)いをしっかり理解(りかい)しましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ①:クリックして音をならす」

⇒スプライトをクリックすると音がなるプログラムを学びましょう

「こたえ:チャレンジ①」
バックミュージックをながす方法について学びましょう、「チャレンジ②:バックミュージックを鳴らしてみよう」
「こたえ:チャレンジ②」

バックミュージックをながす方法について学びましょう

⇒作品(さくひん)を作っていく上で、バックミュージックは欠かせない要素(ようそ)です。

このレクチャーで、しっかり学びましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ②:バックミュージックを鳴らしてみよう」

いろいろな楽器(がっき)をならしてみよう、「チャレンジ③:楽器(がっき)スプライトでドラムを鳴らすには?」

いろいろな楽器(がっき)をならしてみよう

⇒スクラッチには、色々な楽器(がっき)お音が用意(ようい)されています。

このレクチャーで、どのような音があるか聴(き)きながら実際(じっさい)に使えるようになりましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ③:楽器(がっき)スプライトでドラムを鳴らすには?」

※動画内(どうがない)で、紹介(しょうかい)した動画(どうが)に関(かん)しては、ダウンロードして確認(かくにん)していただけます。【オフライン限定】

「こたえ:チャレンジ③」

※動画内(どうがない)で、紹介(しょうかい)した動画(どうが)に関(かん)しては、ダウンロードして確認(かくにん)していただけます。【オフライン限定】

音を使った作品紹介(さくひんしょうかい)

音を使った作品紹介(さくひんしょうかい)

⇒このセクションで学習(がくしゅう)したことを活(い)かして、

ミュージックビデオや、音楽(おんがく)ゲームを作ることが出来ます。

どのような、作品ができるか一緒(いっしょ)に見てみましょう。

※動画内(どうがない)で、紹介(しょうかい)した動画(どうが)に関(かん)しては、ダウンロードして確認(かくにん)していただけます。【オフライン限定】

まとめ

⑦見ためを変えてみよう!(画像効果)

画像効果(がぞうこうか)の命令(めいれい)ブロックをつかってスプライトの見た目(みため)を変更(へんこう)する方法(ほうほう)を学びます。

セリフを言わせる2つの方法について学びましょう(◯◯という、◯◯とかんがえる)、「チャレンジ①:セリフを消すには?」?」

セリフを言わせる2つの方法について学びましょう。

⇒このレクチャーでは、「◯◯という」、「◯◯とかんがえる」の違いについて学習(がくしゅう)します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ①:セリフを消すには?」

「こたえ:チャレンジ①」、「◯◯と、~びょういう」、「◯◯と、~びょうかんがえる」

「こたえ:チャレンジ①」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「◯◯と、~びょういう」、「◯◯と、~びょうかんがえる」

⇒「◯◯という」、「◯◯とかんがえる」ブロック同様(どうよう)とても良く使いますので、

しっかりおぼえておきましょう。

まとめ
見た目(みため)をかえる方法について学びます、「チャレンジ②:だんだん戻すには?」

見た目(みため)をかえる方法について学びます

-----------------------------------------------------------------------------------------------

スクラッチには、画像(がぞう)にエフェクトをかけることができる色々(いろいろ)なプログラムがあります。「いろ」、「ぎょがんレンズ」、「うずまき」、「ピクセルか」、「モザイク」、「あかるさ」、「ゆうれい」の効果(こうか)です。

この、レクチャーではこれらすべての画像効果(がぞうこうか)について学習(がくしゅう)いていきます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ②:だんだん戻すには?」

「こたえ:チャレンジ②」、参考作品紹介(さんこうさくひんしょうかい)

「こたえ:チャレンジ②」

-----------------------------------------------------------------------------------------------

参考作品紹介(さんこうさくひんしょうかい)

⇒画像効果(がぞうこうか)を使った作品(さくひん)を紹介(しょうかい)します。

大きさをかえてみよう、「おおきさを10ずつかえる」「おおきさを100%にする」、「チャレンジ③:大きさをだんだんもどすには?」

大きさをかえてみよう

⇒「おおきさを10ずつかえる」、「おおきさを100%にする」

ブロックについて、学習(がくしゅう)します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「チャレンジ③:大きさをだんだんもどすには?」

「こたえ:チャレンジ③」
前に出したり、下げたりする方法を学びましょう、「まえにだす」「1そうさげる」

前に出したり、下げたりする方法を学びましょう

⇒「まえにだす」、「1そうさげる」のブロックについて学習(がくしゅう)します。

まとめ
スクラッチマスター(中編)
【Master】しっかりマスター習得コース プログラミング 小学生

⑧メッセージって何だろう?

メッセージ処理、ブロードキャストについて学びます。

メッセージって何だろう?

メッセージとは、スプライトから、別のスプライトに、メッセージを送る事をいいます。
なんだかピンときませんね。それに・・なぜそんな仕組(しく)みが必要(ひつよう)なんでしょうか?

今回(こんかい)は、メッセージについて学習(がくしゅう)しましょう!

チャレンジ①こたえ①

チャレンジ①:ラジコンカーをうごかすには?
⇒ネコのスプライトから、ラジコンカースプライトを動かすにはどうすればいいでしょうか?​

こたえ①:ラジコンカーをうごかすには?
⇒メッセージ処理(しょり)、ブロードキャストについて学びます。

メッセージブロックの使い方や違いについて

メッセージブロックの使い方や違いについて

「メッセージ1をうけとったとき」、「メッセージ1をおくる」、「メッセージ1をおくってまつ」のブロックの使い方の違(ちが)いについて詳(くわ)しく解説(かいせつ)します。
-----------------
「やってみよう①:メッセージを使ってみよう!」
-----------------------------------------------------------------------------------------------

チャレンジ②

チャレンジ②:ラジコンカーを前や後ろに動かしてみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ②

こたえ②:ラジコンカーを前や後ろに動かしてみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

「メッセージ1をうけとったとき」、「メッセージ1をおくる」と「メッセージ1をおくってまつ」の違(ちが)いは?

「メッセージ1をうけとったとき」、「メッセージ1をおくる」と「メッセージ1をおくってまつ」の違(ちが)いは?

「メッセージ1をうけとったとき」、「メッセージ1をおくる」と「メッセージ1をおくってまつ」の違(ちが)いについて図を使って
わかりやすく解説(かいせつ)します。

チャレンジ③

チャレンジ③:メッセージを使うように直してみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

まとめ

まとめ

メッセージで学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

 

⑨条件分岐(じょうけんぶんき)、「もし~だったら」?

条件分岐(じょうけんぶんき)は、すべてのプログラミング言語(げんご)において必ず使います。がんばりましょう!

条件分岐(じょうけんぶんき)とは?

条件分岐(じょうけんぶんき)とは?

子供でも分かる、わかりやすい例を取り上げながら、条件分岐(じょうけんぶんき)について理解(りかい)を深めていきます。

やってみよう①:「スペースキーが押されたら10ほうごく」を作ってみよう

​⇒次のレクチャーでチャレンジする問題を途中(とちゅう)までいっしょに組み立てていきます。

チャレンジ①

チャレンジ①:「スペースキーが押されたら10ほうごく」を作ってみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:「スペースキーが押されたら10ほうごく」を作ってみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。​
また、「スペースキーがおされたら」と「もし~なら」ブロックの動きの違いについても解説(かいせつ)します。

チャレンジ②

チャレンジ②:「もし~なら」をつかってキーボードで上下左右にうごかしてみよう


​今度は、キーボードの矢印(やじるし)キーを使って、右(みぎ)、左(ひだり)、上(うえ)、下(した)キーが押された時に、それぞれの方向(ほうこう)に動くようにしてみましょう。

イベントの学習(がくしゅう)で、右(みぎ)矢印(やじるし)キー、左(ひだり)矢印(やじるし)キー​、上(うえ)矢印(やじるし)キー​、下(した)矢印(やじるし)キー​のイベントブロックを使って作りましたね。

今度は、条件分岐(じょうけんぶんき)ブロックを使っておなじ事ができるように作ってみましょう。

こたえ②

こたえ②:「もし~なら」をつかってキーボードで上下左右にうごかしてみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。​

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「もし~なら、でなければ」ブロックについて

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「もし~なら、でなければ」ブロックについて

次は、条件分岐ブロックの「もし~なら、でなければ」ブロックの解説(かいせつ)です。

チャレンジ③:スペースキーが押されたら10歩進み、そうでない時は、後ろに10歩戻るには?

チャレンジ③:スペースキーが押されたら10歩進み、そうでない時は、後ろに10歩戻るには?

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「~までくりかえす」について

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「~までくりかえす」について

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「~までくりかえす」について解説(かいせつ)します。

チャレンジ④

チャレンジ④:スペースキーが押されたら動きを止めるようにしてみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ④

こたえ④:スペースキーが押されたら動きを止めるようにしてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。​

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「~までまつ」について

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「~までまつ」について

条件分岐(じょうけんぶんき)ブロック:「~までまつ」について
解説(かいせつ)します。

チャレンジ⑤

チャレンジ⑤:だるまさんがころんだを作ってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ⑤

こたえ⑤:だるまさんがころんだを作ってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

まとめ

まとめ

条件分岐(じょうけんぶんき)で学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑩変数(へんすう)ってなんだろう?(変数①)

変数(へんすう)の基礎(きそ)を学びましょう。

変数(へんすう)とは

変数(へんすう)とは

かわる数(かず)と書いて変数(へんすう)とよみます。

難(むずか)しそうな感じがしますが、考え方さえわかってしまえば、簡単(かんたん)です。
プログラミングでは、とてもよく使いますし、便利(べんり)です。変数(へんすう)を使わなければ凝(こ)った作品(さくひん)は作る事はできません。
今回(こんかい)は、変数(へんすう)の基礎(きそ)を学びましょう!

チャレンジ①

チャレンジ①:他のスプライトについていかせるには?

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します

こたえ①

こたえ①:他のスプライトについていかせるには?

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

特別(とくべつ)な変数(へんすう)ブロック①

特別(とくべつ)な変数(へんすう)ブロック①:「タイマー」

タイマーブロックについて解説(かいせつ)します。

チャレンジ②

チャレンジ②:タイマーを使って3秒たったらセリフを言わせてみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ②

こたえ②:タイマーを使って3秒たったらセリフを言わせてみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。​​

特別(とくべつ)な変数(へんすう)ブロック②:「こたえ」

特別(とくべつ)な変数(へんすう)ブロック②:「こたえ」

変数(へんすう)ブロック「こたえ」について学びましょう。

チャレンジ③

チャレンジ③:クイズをつくってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ③

こたえ③:クイズをつくってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

まとめ

まとめ

変数(へんすう)①で学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑪演算(えんざん)ブロックを使いこなせ!(演算①)

スクラッチには、演算というコンピュータでさまざまな計算処理をしてくれる便利なブロックがあります。 今回は、演算を学習しましょう。

演算(えんざん)ブロックを使いこなせ!

演算(えんざん)とは

コンピュータの世界では、計算(けいさん)の事(こと)を“演算(えんざん)”とよびます。
コンピュータにできる演算(えんざん)には、算数(さんすう)のたし算やひき算、かけ算、わり算の他にもいくつか種類(しゅるい)があります。
しっかり学習(がくしゅう)しましょう。

チャレンジ①

チャレンジ①:2×3+1を計算(けいさん)しよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:2×3+1を計算(けいさん)しよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ②

チャレンジ②:マウスポインターの50歩後ろをついてくるスプライトを作ってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

大きさを比べる等号(とうごう)・不等号(ふとうごう)ブロックについて理解(りかい)しましょう。

大きさを比べる等号(とうごう)・不等号(ふとうごう)ブロックについて理解(りかい)しましょう。

チャレンジ③

チャレンジ③:はしについたら、ステージの反対からでるようにしよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ③

こたえ③:はしについたら、ステージの反対からでるようにしよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ④

チャレンジ④:「もしはしについたらはねかえる」を使わないでねこあるきを作ってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ④

こたえ④:「もしはしについたらはねかえる」を使わないでねこあるきを作ってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

文字列(もじれつ)をそうさする演算(えんざん)ブロックについて学習(がくしゅう)しましょう。

文字列(もじれつ)をそうさする演算(えんざん)ブロックについて学習(がくしゅう)しましょう。

チャレンジ⑤

チャレンジ⑤:赤ちゃん言葉(ことば)に変換(へんかん)するアプリをつくろう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

チャレンジ⑥

チャレンジ⑥:買い物プログラムをつくってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ⑥

こたえ⑥:買い物プログラムをつくってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

まとめ

まとめ

演算(えんざん)で学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑫変数(へんすう)ってなんだろう?(変数②)

へんすうってなんだろう?(変数②)

変数①では、スクラッチに用意されているいろいろな変数(へんすう)ブロックについて学びました。

実はこの変数ブロック、自分で作る事ができます。
今回は、実際(じっさい)に変数ブロックを作って、どんな時に使うのか、どのように便利(べんり)なのかを学びましょう。

変数ブロックをつくるとは?

変数ブロックをつくるとは?

変数をつくる上で必要(ひつよう)な知識(ちしき)を学習(がくしゅう)しましょう。

チャレンジ①

チャレンジ①:「はこ1」という名前の変数(へんすう)をつくろう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ①

こたえ①:「はこ1」という名前の変数(へんすう)をつくろう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

----------------------------------
【「あたらしいへんすう」を作るときのポイント】

「すべてのスプライトよう」と「このスプライトのみ」の違いについて学習(がくしゅう)しましょう。

チャレンジ②

チャレンジ②:変数にデータを入れてみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ②

こたえ②:変数にデータを入れてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ③

チャレンジ③:「はこ1」と「はこ2」のデータを入れ替えてみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ③

こたえ③:「はこ1」と「はこ2」のデータを入れ替えてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ④

チャレンジ④:もじをいれる変数をつくってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ④

こたえ④:もじをいれる変数をつくってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ⑤

チャレンジ⑤:もじをいれる変数を「短い命令」にしてみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ⑤

こたえ⑤:もじをいれる変数を「短い命令」にしてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ⑥

チャレンジ⑥:たしざんもんだいを出してみよう!

学んだことを使って、たしだん問題をつくってみましょう。

こたえ⑥

こたえ⑥:たしざんもんだいを出してみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

まとめ

まとめ

変数(へんすう)②で学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑬演算(えんざん)ブロックを使いこなせ!(演算②)

ここでは、今まで学習した[条件分岐](じょうけんぶんき)、[変数](へんすう)、[演算](えんざん)全てのまとめになりますのでしっかりと学習しましょう。

演算ブロック「かつ」とは?

演算ブロック「かつ」とは?

演算ブロックの「かつ」について学習しましょう。
休日に遊びにいく予定を例に、わかりやすく解説(かいせつ)します。

チャレンジ①

チャレンジ①:キーが両方押された時だけねこを動かすには?

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ①

こたえ①:キーが両方押された時だけネコを動かすには?

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

演算ブロック「ではない」とは?

演算ブロック「ではない」とは?

演算ブロックの「ではない」について学習しましょう。
休日に遊びにいく予定を例に、わかりやすく解説(かいせつ)します。

チャレンジ②

チャレンジ②:マウスがネコにふれた時だけ動きをとめてみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します

演算ブロック「または」とは?

演算ブロック「または」とは?

演算ブロックの「または」について学習しましょう。
休日に遊びにいく予定を例に、わかりやすく解説(かいせつ)します。

チャレンジ③

チャレンジ③:「または」ブロックを使って、かしについたら音を鳴らしてみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ③

こたえ③:「または」ブロックを使って、かしについたら音を鳴らしてみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

ログイン画面を作るには?

ログイン画面を作るには?

演算ブロック「かつ」、「または」、「ではない」を使ってスクラッチでログイン画面を作るにはどうすればいいでしょうか?

チャレンジ④

チャレンジ④:ログインプログラムを作ってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ④

こたえ④:ログインプログラムを作ってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

まとめ

まとめ

演算(えんざん)②で学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

スクラッチマスター(後編)
【Master】しっかりマスター習得コース プログラミング 小学生

後編・目次

⑭ScratchでARプログラミング ビデオモーション

ARとは、パソコンにつないだカメラで映した実際の映像に、
デジタルなものを表示させて、あたかもそこにあるかのように見せる技術の事です。

言葉だけ聞くとちょっと難しい気がしますが、やってみると結構簡単、そして面白い事ができますよ!

ARプログラミングってなに?

「ARプログラミングってなに?」

ARについて学習していきましょう。
---
モーションセンサー機能(きのう)を使ってみよう

ビデオを繋(つな)いで、モーションセンサー機能(きのう)を使ってみよう

チャレンジ①

ビデオモーションで楽器(がっき)を鳴らしてみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:ビデオモーションで楽器(がっき)を鳴らしてみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

作品(さくひん)をみてみよう!

作品(さくひん)をみてみよう!

参考作品(さんこうさくひん)をみてみましょう

まとめ

まとめ

ビデオモーションで学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑮リストってなんだろう?(配列)

配列の考え方、利用方法について学びます。

リストって?

リストって?

スクラッチでは、変数(へんすう)の仕組(しく)みを更(さら)に便利(べんり)にしたリストという機能(きのう)があります。
スクラッチだけでなく、全てのプログラミング言語(げんご)で用意(ようい)されているとても大切(たいせつ)な仕組(しく)みです。
今回(こんかい)は、リストについて学習(がくしゅう)しましょう。

やってみよう①

やってみよう①:たしざん計算機(けいさんき)を改造(かいぞう)しよう

たしざん計算機(けいさんき)をいっしょに改造(かいぞう)していきましょう。

チャレンジ①

チャレンジ①:一週間(いっしゅうかん)をセリフで言わせてみよう。

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:一週間(いっしゅうかん)をセリフで言わせてみよう。

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

リストの底力(そこぢから)!おみくじアプリの作りかた

リストの底力(そこぢから)!おみくじアプリの作りかた

おみくじアプリの作り方を一緒(いっしょ)に見ていきましょう

チャレンジ②

チャレンジ②:リストをつかうようになおしてみよう

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ②

こたえ②:リストをつかうようになおしてみよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

作品(さくひん)をみてみよう!

作品(さくひん)をみてみよう!

参考作品(さんこうさくひん)をみてみましょう

まとめ

まとめ

リスト(配列)学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑯ブロックを作ってみよう!(関数:かんすう)

関数(かんすう)の考え方、利用方法(りようほうほう)について学びます。

ブロックを作ってみよう!(関数:かんすう)

ブロックを作ってみよう!(関数:かんすう)

関数(かんすう)の考え方、利用方法(りようほうほう)について学びます。

定義(ていぎ)ブロックとは?

定義(ていぎ)ブロックとは?

スクラッチには、たくさんの命令(めいれい)ブロックが用意(ようい)されていますが、
なんと自分(じぶん)で命令(めいれい)ブロックを作る事もできるんです。
スクラッチの「ブロックをつくる」機能(きのう)は、覚えるととても便利(べんり)な機能(きのう)ですのでしっかり学習(がくしゅう)していきましょう。

チャレンジ①

チャレンジ①:定義(ていぎ)ブロックを使って命令(めいれい)ブロックをシンプルにしよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:定義(ていぎ)ブロックを使って命令(めいれい)ブロックをシンプルにしよう

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

定義(ていぎ)ブロックと、メッセージの違(ちが)い

定義(ていぎ)ブロックと、メッセージの違(ちが)い

定義(ていぎ)ブロックと、メッセージの違(ちが)いについて学習(がくしゅう)しましょう。

チャレンジ②

チャレンジ②:向けるブロックを定義(ていぎ)ブロックにとりこんで短くしよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ②

こたえ②:向けるブロックを定義(ていぎ)ブロックにとりこんで短くしよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

まとめ

まとめ

関数(かんすう)で学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑰プログラムで絵を描いちゃおう!(描画)

ペン描画機能(びょうがきのう)を使った、プログラム処理(しょり)による描画処理(びょうがしょり)を学びます。

プログラムで絵をかくには?

プログラムで絵をかくには?

スクラッチでおえかきというとペイントツールが思い浮かびますが、
ここでは、ペン機能(きのう)を使って、プログラムで自動的(じどうてき)に絵を描(か)かせてみましょう。

チャレンジ①

チャレンジ①:点線(せんせん)を書いてみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:点線(せんせん)を書いてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ②

チャレンジ②:四角形(しかっけい)を書いてみましょう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ②

こたえ②:四角形(しかっけい)を書いてみましょう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ③

チャレンジ③:むずかしい図形(ずけい)をかいてみよう!

書き方の解説(かいせつ)とチャレンジ問題(もんだい)です。

こたえ③

こたえ③:むずかしい図形(ずけい)をかいてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

ペンの色(いろ)や太(ふと)さ、濃(こ)さをかえてみよう!

ペンの色(いろ)や太(ふと)さ、濃(こ)さをかえてみよう!

ペンの色(いろ)や太(ふと)さ、濃(こ)さを変えるプログラムについて学習しましょう。

ペンの色を○○にするブロックについて

ペンの色を○○にするブロックについて

ペンの色を○○にするブロックについての説明動画(せつめいどうが)です

チャレンジ④

チャレンジ④:かんたんペイントツールをつくってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ④

チャレンジ④:かんたんペイントツールをつくってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

スタンプというブロックについて

スタンプというブロックについて

スタンプというブロックについて学習(がくしゅう)しましょう。

スタンプを使って、素敵(すてき)な作品をいっしょにつくろう!

スタンプを使って、素敵(すてき)な作品をいっしょにつくろう!

スタンプをつかって、素敵(すてき)なアートさくひんを作ってみましょう。

作品(さくひん)をみてみよう!

作品(さくひん)をみてみよう!

参考作品(さんこうさくひん)をみてみましょう

まとめ

まとめ

ペンで学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

⑱分身の術(ぶんしんのじゅつ)だ! クローンを使(つか)ってみよう

クローン機能(きのう)について、考え方、利用方法(りようほうほう)について学びます。

クローンとは?

クローンとは?

今回(こんかい)は、スプライトをまるで分身の術(ぶんしんのじゅつ)のようにコピーする方法(ほうほう)、クローンについて学びましょう。

チャレンジ①

チャレンジ①:クローンをつくってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ①

こたえ①:クローンをつくってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

クーロンがクローンされていない!?

クーロンがクローンされていない!?

クーロンされていないように見えれしまう理由(りゆう)をお教えします

チャレンジ②

チャレンジ②:端っこに消えていくねこを作ってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。

こたえ②

こたえ②:端っこに消えていくねこを作ってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ③

チャレンジ③:グラデーションねこを作ってみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ③

こたえ③:グラデーションねこを作ってみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

チャレンジ④

チャレンジ④:好きなものを降らせてみよう!

学んだことを使って、チャレンジ問題(もんだい)に挑戦(ちょうせん)します。​

こたえ④

こたえ④:好きなものを降らせてみよう!

問題(もんだい)の答えと解説(かいせつ)です。

上下左右(じょうげさゆう)にクローンするねこを作るには?

上下左右(じょうげさゆう)にクローンするねこを作るには?

上下左右(じょうげさゆう)にクローンするねこをいっしょに作ってみましょう!

まとめ

まとめ

クローンで学習(がくしゅう)したセクションのまとめです。

スクラッチマスター(前編)

前編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」前編(1/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(中編)

中編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」中編(2/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

スクラッチマスター(後編)

後編 価格

小学生向け【しっかり習得コース】こどもプログラミング教室直伝!一人で学べる「スクラッチ(scratch)」後編(3/3)

当サイトで決済していただくと、
オンライン個別ビデオ通話<30分プレゼント>

¥10,800

その他のオプション

《お願い》 受講には、以下のサービスの無料アカウント登録をお願いしております。予めご了承ください。 ・レクチャー動画の視聴・・・ベネッセコーポレーションが運営する「Udemy」
・オンラインビデオ通話・・・Web会議システム「Zoom」

* 以下のボタンはUdemyで受講するためのシステム要件をご確認いただけます。受講でお使いになるデバイスやインターネット回線などを予め十分にご確認ください。

ゲームクリエイターコース

今スグ、ゲームを作ってみたいお子さんや、実際に続けられるかやってみたい方に向いています。
ゲームはそれぞれ、難易度が3段階に別れていますので初心者~上級者まで楽しく学習出来ます。

\ \只今先行予約受け付け中//
お得なクーポン付きのご案内を差し上げます。

リテラシーパック

情報化社会の現代で生き抜く力とは、パソコンが操作できるだけではありません。
コンピューター用語はもちろん、
授業内で教えることができなかったデジタル領域でのモラルについても学習していきます。

\ \只今先行予約受け付け中//
お得なクーポン付きのご案内を差し上げます。

ティンカーズの教育法

私たちは、プログラミング教育だけでなく、

作品を作り上げる力を養うことやインターネットモラル

知識についても重要だと考えています。

遊びから、本気へ!」実力がつく学習法で応用力を身につける

プログラミンググラミング教育は、子供達が益々加速する情報化社会で「生き抜くチカラ」を
養うことを目的に、2020年から小学生の必修科目として導入されることが決定しましたが、
海外に比べて日本は、教育用のプログラミング教材も少なく指導にもムラがあるのが現状です。

スクラッチなどの視覚的にわかりやすく、だれでも簡単にゲームが作れることから「楽しい!」ばかりを教えていると、壁に当たってしまったときに解決方法が無く「楽しくない。嫌い」なってしまします。
ティンカーズでは、小学生の早い段階から簡単でわかりやすいプログラミング言語で基礎を
しっかり作ってあげることこそ、小学校のプログラミング教育で必要な要素だと考えています。

設計

①直感的創作から、論理的思考へ

お子様の個性のある想像力に向き合い、講師がアイデアまとめていきながら作品制作の設計図にしていくことで「できたらいいな!」から「できる!」に発想を転換していきます。

プログラミング

①プログラミングの基礎知識を「スクラッチ」でしっかり理解する

スクラッチは、プログラミングの知識が無くてもある程度のゲームなどが作れる素晴らしいなツールです。
ですが、工夫した作品を作るためには、プログラミングの基礎知識が必ず必要になります。
基礎に、向き合い努力したお子さんは、必ず未来の自分に返ってきます。

こつこつタイピングを練習し、キーボードに慣れる

パソコンに慣れることも、とても重要です。

タイピングは、子供にとって苦手意識を作ってしまう関門でもあります。
苦手意識ができてしまう前に、ゲームをする要領でローマ字を覚えたり、キーボードの位置を覚えていくことをおすすめします。

③実用性のあるプログラミング言語に移行し、実践的なプログラミング学習を行う

ある程度、スクラッチなどの簡単なプログラミングツールで慣れてきたお子さんは、「スマートフォンでゲームを発表してみたい!」や「IoTデバイスを開発していきたい」と夢が広がります。
スクラッチで学習した、基礎知識やタイピングスキルがあれば、他のプログラミング言語を学習するときにも必ず役に立ちます。

プレゼンテーション・リリース

作品の良さを相手に、伝えるための「プレゼンテーション」練習

開発したオリジナル作品を、実際に人前に立って作品を発表するコンクールなども数多くあります。
子供が行うプレゼンテーションだからといって、甘く見てはいけません。
youtubeなど配信サービスの普及で子供の頃からTEDなどで、プレゼンテーションを勉強しているお子さんも多くいます。
作品の感想だけを述べるのでは無く、「作品が出来た背景」や「対象ユーザー」、「他との差別化」を堂々と説明できるスキルも必要になっています。

インターネットモラルや知識を教えることで、トラブルを回避できる子供になる

21世紀の子供達は、IT情報化社会が当たり前の中で育って来たお子さんも多く、デジタル分野での順応性が早いのが特徴です。スマホネイティブ(=初めて持つ携帯がスマートフォン)の世代にとって、インターネットは便利な反面、キケンなものです。
トラブルが起こってしまう前に、回避できる力を付けることで、インターネットと上手く向き合うことが出来ます。

Copyright (C) 2007-2017 ProgrammingSchoolTinkers. All Rights Reserved.